講演会 「放射線の身体への影響」|勉強会について|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

勉強会について

2011/04/25

講演会 「放射線の身体への影響」
4月20日(水)世田谷区奥沢区民センターにおいて開催されました。
講師の先生は大場恭子氏です。
金沢工業大学 東京原宿科学技術応用倫理研究所に研究員として、勤務なさっております。
今まさに消費者が不安に思っているテーマであり、参加者は45名ほどで小さなお子様連れの若いお母様方から70代、80代の方まで幅広い方々の参加でした。

内容としては、放射線に関して「ベクレルだ!」「シーベルトだ!」といった様々な単位の意味と必然性といった基本的なお話をして頂くと同時に、基本を知ったうえで過度な恐怖を覚える必要はない!など話されました。
会場には福島に身内がいらっしゃる方から、身内に対してどのような対応が望ましいのか・・・などの質問がありました。
ケースバイケースであることと、遠く離れた地にいる者たちが過度な反応することなく冷静に生活する必要性があるとのこと、等のお話がありました。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728