【米】トレーサビリティ法について|活動のご報告|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

活動のご報告

2011/10/12

【米】トレーサビリティ法について

農水省の担当者より話を伺いました。
7月1日より施行されるこの法律によって、米の生産から消費までの動きがきちんとわかるようになりました。
消費者に身近なところでは、外食店の寿司、丼もの、チャーハン、オムライス等、またコンビニのおにぎりやお弁当などに使われる米の産地(輸入米は原産地)が必ず表示されるようになります。
容器、包装への表示のほか、メニュー、店頭看板、チラシなどにも表示されます。
不明の場合は、店員さんに尋ねても、また製造会社などに問い合わせても答えてもらえるようになります。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728