パナソニックエコアイデアハウスを見学|活動のご報告|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

活動のご報告

2011/11/25

パナソニックエコアイデアハウスを見学
消費者大学175期のテーマは「環境・エネルギー」です。そこで消費者大学講座の一環として、10月26日にパナソニックエコアイデアハウス見学会を実施しました。

エコアイデアハウスとはエネルギーを「へらす・つくる・ためる・つなぐ」という4つのアイデアをとりいれて「CO2±0」の暮らしを提案、実現したモデルハウスです。
 へらす・・・・節水を追及した洗濯機や、水回りの掃除を簡便にする高機能製品によりCO2削減をはかります。
 つくる・・・・太陽光発電システム、エネルギーを効率的に作る燃料電池でCO2排出量を削減します。
 ためる・・・・太陽光発電や燃料電池で作った電気を蓄えておきます。
 つなぐ・・・・太陽電池や燃料電池からの電気は直流なので、それを家庭内の機器に直接つなげます。発電所から送られてくる電気は交流なので、変換時のロスを減らすことができます。

 以上を取りいれたエコアイデアハウスですが、LED照明や太陽光の明るさ
をセンサーで感知して照明度を調節するなど、自然の恵みを利用した一歩先の
エコ技術を体感しました。

 最後に見学したテクノロジー&ソリューションアイデアのコーナーでは太陽
電池や蓄電池の先進技術がこれからの街、社会で構成されていくアイデアで納得できます。
 大震災以後に注目されているコンパクトな蓄電池(3,2KW)は、500Wの機器が4−5時間使用できるという現実的な情報で、今のところ業務用ですが近々、家庭用として普及していくということです。
また、1回の充電で150キロ走れる電気自動車の展示など、これからの環境技術革新を肌で感じた興味深い見学でした。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728