第177期「災害への備え」 4月 月間テーマ 「3.11から学んだこと」 第一回【交通を考える】|消費者大学講座|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

  • ホーム
  • 情報配信
  • 消費者大学講座
  • 第177期「災害への備え」 4月 月間テーマ 「3.11から学んだこと」 第一回【交通を考える】

消費者大学講座

2012/03/24

第177期「災害への備え」 4月 月間テーマ 「3.11から学んだこと」 第一回【交通を考える】
東日本大震災の日、都内では300万人を超える人が「帰宅困難者」になったといいます。
廣井先生は、当日の携帯電話や災害用伝言ダイヤルの使用実態などの調査を実施しました。
今回は、当日の調査からみえる問題、こらからの都市の安全、防災対策など都市計画全般についてお話を伺います。

日 時   平成24年4月4日(水) 午後1時30分〜3時30分
講 師   廣井 悠氏(名古屋大学 教授)
主 催   財団法人消費科学センター
会 場   (財)消費科学センター2階会議室
      東京都渋谷区桜丘町17-9 第二昭和ビル
参加費   会員/無料 賛助会員/1名ご招待 一般(非会員)/500円
申込先   下記まで電話・FAX・メールにて
Tel:03−3461−8728 
Fax:03−3461−1517
メールフォームからはこちらをクリック

お問合せ先 同上
〆切日   平成24年3月30日(金)午後4時まで
定員     30名(先着順)
※会場の都合で定員になり次第受付を終了とさせていただく場合がございます。
ご了承ください。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728