平成26年9月17日 消費者大学講座報告|消費者大学講座|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

消費者大学講座

2014/09/29

平成26年9月17日 消費者大学講座報告
「私たちの生活と税金」
株式会社ゼンショーホールディングス 代表取締役会長兼社長 小川賢太郎氏 国民生活産業・消費者団体連合会 (生団連) 会長代行に標記テーマによる講演を頂いた。

国は28兆円も負債を抱えているので、国民が意識を変えて行かなければいけない。
民間がお金と知恵を出し現状を変えていく必要がある。そのためにも制度改革ルールつくりが、大切である。
税金の使い方として、医療費と教育費が重要と強調された。私共も来年の1月、2月のテーマとして考えております。
広い意味では人類の幸せを願う気持ち、次世代の子供達の健全な成長を願う気持ちは、私達消費者団体も、志は同じではと勇気をいただいたようで胸が熱くなった。
小川氏の経営者としての豊富なご見識、実践からのお話は貴重で説得力があった。
皆様もぜひ、消費者大学にいらして直接講師の方のお話を伺い質問なさって下さい。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728