平成26年11月19日 消費者大学講座報告|消費者大学講座|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

消費者大学講座

2014/12/03

平成26年11月19日 消費者大学講座報告
第179期 「税金を知ろう!安全な暮らしの為に」

 「なぜ予算は無駄が多いのか、税金の使途」「なぜ税金は効果的に使われないのか」
日 時   平成26年11月19日(水)
講 師    田中 秀明氏(明治大学公共政策大学院 教授)

大蔵省と財務省にて実務経験のある田中先生より、日本財政の状況を中心に税金の使われ方について大変興味ある講義を頂いた。
特に予算の説明では、事業仕分けの基準にまで話題がのぼった。
 財政について海外の比較にも話がおよび、財政の透明性が高い国ほど純金融負債が少ないという点が印象的だった。
 日本は予算の透明性が低いため、会計上の操作を抑止できないのが問題となっているとのことだ。少しでも予算を効率化しなければ、今後の少子高齢化を乗り切ることが厳しく、今、すでに日本はタイタニック号で水が足元にまできている状況のようである。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728