平成27年2月4日 消費者大学講座報告|消費者大学講座|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

消費者大学講座

2015/02/17

平成27年2月4日 消費者大学講座報告
第179期 「税金を知ろう!安全な暮らしの為に」

「教育制度と税金」

日 時   平成27年2月4日(水)
講 師     遠藤 勝裕氏(日本学生支援機構 理事長)

今回の講師は都の教育委員もされている遠藤勝裕氏。阪神大震災の時は日銀神戸支店長として市民の生活を守るために、金融特例措置を発動するなどの大英断をして地域経済の死守に奔走されるなど、世の中の弱い人達を救いたいとの強い信念で行動されてきました。
 これまで40年以上金融一筋を歩まれ、今、エネルギーを傾けられているのが教育制度。
「教育制度と税金」と題し、税金が教育にどう使われているのか、奨学金制度の現状と課題について講演頂きました。経済格差を教育格差につなげないために、さまざまな弊害をとり除くべく奨学金制度の改革が重要である旨を熱く語られました。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728