平成27年3月4日 消費者大学講座報告|消費者大学講座|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

消費者大学講座

2015/03/11

平成27年3月4日 消費者大学講座報告
第179期「税金を知ろう!安全な暮らしの為に」

日 時 平成27年3月4日(水)
講 師 慶應義塾大学 経済学部 教授 金子 勝氏

テレビ・ラジオ・新聞などメディアで大変ご活躍の講師である。現在は経済学者と呼ばれているが、元々のご専攻は財政学とのことだ。今回のアベノミクスの税制改革の意味と再確認という内容でお話は進んだ。今の日本の財政赤字1100兆円はGDPの2倍以上で、第2次世界大戦中と変わらなく、平時に返済した実例はないという。赤字を埋める希望はないのかと不安が募る。面白く分かり易い比喩もいくつも飛び出し、難しい問題に少し希望があるような気がしたのは気のせいだろうか。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728