『報告』 相続税改正のメリット・デメリット 2015/06/03|消費者大学講座|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

消費者大学講座

2015/06/08

『報告』 相続税改正のメリット・デメリット 2015/06/03
第180期 消費者大学 【前期】
  『安全・安心な暮らしのために、税について更に学びましょう』
   
 相続税及び贈与税の税制が改正されました。改正のあらましとメリット、デメリットについてお話を伺います。皆様のご参加をお待ちしております。


「相続税改正のメリット・デメリット」
日 時   平成27年6月3日(水)午後1時30分〜3時30分
講 師    阿部 公一氏(阿部公一税理士事務所 所長)

昨年度も消費者大学で登壇頂き、消費者の立場をよく理解された熱心なお話が好評な方である。相続税は平成25年度税制改正により一部改正され、平成27年1月1日から施行された。複雑で分かりにくく、対象者は施行前より比べてかなり増加している。
 特に地価の高い首都圏ではかなり多くなっているようだ。そのような状況の中で、基礎から学べた貴重な機会だった。
 日本は日露戦争の戦費を賄うために始まったという沿革から、役割、類型、計算方法、また、日本の特徴まで色々広くお話くださった。
 中国やタイ、オーストラリアなど相続税のない国もあると聞いて、驚くと共にやはりそれを知ることの面白さ、大切さを感じ、納税の意味を考えることが出来た。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728