『報告』 2025年には医療費がパンク!って本当? 2015.07.01|消費者大学講座|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

消費者大学講座

2015/07/15

『報告』 2025年には医療費がパンク!って本当? 2015.07.01
第180期 消費者大学 【前期】
  『安全・安心な暮らしのために、税について更に学びましょう』
  
 高齢社会、膨らむ医療費。無用な治療は見直す時期ではないでしょうか。どのように改革しなければいけないのか?皆さんで勉強いたしましょう!ご参加をお待ちしております。


    「2025年には医療費がパンク!って本当?」
日 時  平成27年7月1日(水)午後1時30分〜3時30分
講 師   松木 淳一氏(蠡莪貔弧新从儻Φ羹 経営環境研究部 部長兼研究理事)

増え続けている医療費。なかでも75歳以上は平均の3倍となっています。
2025年にはさらに75歳以上の人口の割合が大きくなり、対応策が急がれます。
 生活習慣病の糖尿病などに大きくかかわってきているメタボの解消・予防を促進するために、国保の特定健診、がん健診の受診率向上が有効な対策のひとつになります。
 1人ひとりが健康づくりに取り組むことで医療費の抑制になるのです。
その実現のために、国・保険者・医療機関・企業が、一体となって仕組みづくりをすることが重要です。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728