広報紙「消費の道しるべ」2月号 発行|広報紙「消費の道しるべ」より|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

広報紙「消費の道しるべ」より

2016/02/15

広報紙「消費の道しるべ」2月号 発行

広報紙「消費の道しるべ」2月号(618号)の内容は次の通り
  1面    『電力自由化に思う』       
  2面   私と消費者教育
       食品に関わる「単位」について(食品安全委員会eメールから) 
  3面   イセグループの高病原性
       鳥インフルエンザ対策について
       「日本メディアが取り上げなかった温室効果ガス排出量削減への取り組み」
                                            北村 俊郎氏   
  4面   「どうなる?これからの食品表示ルール(その三十一)
        残された課題−加工食品の原料原産地表示(2)−」  
                 一般社団法人 日本農林規格協会 会長 池戸 重信氏        
       アレルゲンを含む食品の原料料表示
       畜産の生産現場における安全性の確保に向けて
        〜高病原性鳥インフルエンザの防疫対策〜 (独)農畜産業振興機構から             

ご希望の方、先着10名様に、広報紙「消費の道しるべ」
2月号をプレゼントします。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728