11/2勉強会のご案内です。|勉強会について|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

勉強会について

2016/09/23

11/2勉強会のご案内です。

勉強会について
毎年「消費者大学講座」「勉強会」を開催しておりますのに、「勉強会」のご案内を2014年以降失念しておりました。お詫び申し上げます。
11月2日の勉強会は下記の通りです。ぜひご参加下さい。


皆様におかれましては、ますますご清栄のことと、お喜び申し上げます。
さて、この度、消費科学センターでは「食品表示」に関する勉強会を開催いたします。
 私たちの生涯を通して日々お世話になる「食品」中でも「加工食品」に関して、私たちは余りにも無関心、無遠慮に消費しているのではないでしょうか?
 そこでこの度、食品中でも加工食品について私たちは何を伝にして選択していけば良いのか、またその加工品はどのような原料をどのような工程を経て作られているのかを知るための「表示」について学んでいきたいと思います。
 第1回目として、企業、メーカとして伝えたいこと、伝えなければならないことを様々な制約の中で工夫し努力しておられるのかをお話いただきたいと思います。
 是非日頃表示に対して感じておられる疑問や要望を出し合って見ませんか?
皆々様のご参加をお待ち申し上げます。

                =記=
1. 日 時:2016年11月2日(水) 13:30〜15:30(受付開始 13:00)

2. 会 場:一般財団法人 消費科学センター 会議室
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-9 第二昭和ビル内 2階会議室
     http://www.shokaren.gr.jp   電話:03-3461-8728

3. テーマ:「『食品表示』は、こうしてつくられ、使われている」
           =作る側の理論と使う側の実感=

4. 趣 旨:食品表示を作る側(事業者)、使う側(消費者)の相互の立場から、
     「食品表示」作成の努力と消費者が実際に使ってみての実感を、一緒にディスカッションします。                

5. つくる側プレゼンター:フジフーズ株式会社 品質管理部 遠藤睦子さん
       =食品表示はこうしてつくられる(コンビニ弁当を例として)=

6.   参加費:無料


お申し込みはこちらをクリック

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728