広報紙「消費の道しるべ」平成29年9月15日付637の発行|広報紙「消費の道しるべ」より|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

広報紙「消費の道しるべ」より

2017/10/23

広報紙「消費の道しるべ」平成29年9月15日付637の発行
「消費の道しるべ」平成29年9月15日付637の内容です。

1面・夏バテ撃退法を知ろう!  -自律神経を鍛えて-
  秋口に起こりやすい体調不良はその大半が自律神経のバランスを崩すことによって引き起こされます。自律神経とは人の意志とは無関係に、体の機能を調整する神経回路の総称で、「交感神経」と「副交感神経」に分かれます。
  両者のバランスを整える最も簡単な手段は深い呼吸です。意識的に深呼吸し、軽い運動と生活習慣を変えることで自律神経の不調をメンテナンスしましょう。
  ・第182期 消費者大学 公開シンポジウム のご案内
2面・健康寿命を延ばすために、今私がしていること
  モニターの皆さんが日頃心がけていることを教えて頂きました。
  ・「ふるさとのしょうゆ 934名様プレゼント」
3面・「食肉」の一寸特異な「流通形態」
  食肉の流通は他の生鮮食品の流通と異なっています。それは、生産者から出荷される時と小売店で販売され、私たちが手に取る時の商品形態が全く違うという点です。
  その流通経路について調べてみました。
4面・どうなる?これからの食品表示ルール
  加工食品の原料原産地表示基準に関する消費者委員会の答申内容についての紹介。
  ・鶏肉が食肉消費の主役に
  鶏肉は平成24年以降日本で最も消費量の多い食肉となっています。その消費動向と特徴について紹介します。

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728