広報紙「消費の道しるべ」平成29年11月15日付639の発行|広報紙「消費の道しるべ」より|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

広報紙「消費の道しるべ」より

2017/12/04

広報紙「消費の道しるべ」平成29年11月15日付639の発行
「消費の道しるべ」平成29年11月15日付639の内容です。

1面  ・国保の保険者(運営主体)が市区町村から都道府県に移管されます。
     来年4月に移管されますが、それに伴う問題点を解説しています。
2面  ・第182期消費者大学公開シンポジウム講演概要
     1.東京都健康長寿医療センター研究所老化制御研究チーム
       分子老化制御研究部長・チームリーダー  石神昭人先生から
      −老化に及ぼす「食」の影響と栄養補助食品のありかた−
       「平均寿命」と「健康寿命」の差を近づけるための方策即ち
      「健康長寿のための12か条」とは何か、紙面でご確認ください。
     2.医療法人社団丹伎会丹羽クリニック  丹羽正幸先生から
      寝たきり状態を引き起こす原因、誘因について、多くの臨床経験を踏まえたお話
      をお聞きしました。
     ・「第45回全国醤油品評会」入賞者発表・表彰!
3面  ・非戦についての思い
      日本は戦後「いくさ」に参入することなく70年余りを過ごしてきました。  近年非常に気になるのは、
     平和に歩んできた日本を、「国を守る」ことを名目に「戦争ができる国」へと変えるために、憲法を
     変えようとする動きが大きくなってきていることです。
     ・トランプの戦争
      アメリカでは「戦争は金儲け」で、トランプ政権の北朝鮮に対する軍事的挑発行動は、
    この金儲けのための行動なのです。このような戦争に対する被爆国日本の使命は何でしょうか。
4面  ・どうなる? これからの食品表示ルール
     (その52)食品表示の監視について
    一般社団法人 日本農林規格協会 会長 池戸 重信 氏
    (1)食品表示の監視の重要性
    (2)食品表示の監視に関する法的根拠と規制方法
    (3)食品表示の監視体制
    (4)監視の実績
   ・「かんしょでん粉」について
       (独)農畜産業振興機構(alic)から
    ●「でん粉」とは  
    ●「かんしょでん粉」とは

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728