広報紙「消費の道しるべ」平成29年12月15日付640の発行|広報紙「消費の道しるべ」より|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

広報紙「消費の道しるべ」より

2017/12/20

広報紙「消費の道しるべ」平成29年12月15日付640の発行
「消費の道しるべ」平成29年12月15日付640

広報紙「消費の道しるべ」平成29年12月号640
 1面  ・化審法とは
     現代は、衣・食・住すべてにわたって「化学物質」無くしては生活することが不可能な時代となっています。
     今月は公害病などを教訓にできた化審法について調べてみました。
 2面  ・日本の水銀対策
     現代の物質的豊かさをもたらした「水銀」!現代の水銀への対策は?
 3面  ・自由化にマッチしない契約
              北村俊郎氏
      電力自由化後の料金体系について、どのような契約内容がふさわしいか。
     ・今年を振り返って「新年」「年の瀬」「反省」「目標」という言葉の受け止め方は?
 4面  ・どうなる? これからの食品表示ルール
     (その53)食品表示はどのように変わっていくのか?(1)
        一般社団法人 日本農林規格協会 会長 池戸 重信 氏
      (1)食品表示の機能と意義
      (2)食品表示と消費者の権利
      (3)表示可能面積の減少
      (4) 食品表示の一元化
    ・「指定野菜価格安定対策事業」について
          (独)農畜産業振興機構(alic)から
      ●野菜の価格安定対策制度  
      ●指定野菜価格安定対策事業の概要
      ●指定野菜価格安定対策事業の役割 

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728