広報紙「消費の道しるべ」平成30年1月号641 発行|広報紙「消費の道しるべ」より|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

広報紙「消費の道しるべ」より

2018/01/18

広報紙「消費の道しるべ」平成30年1月号641 発行
広報紙「消費の道しるべ」平成30年1月号641

広報紙「消費の道しるべ」平成30年1月号641
 1面  ・2018年 年頭所感
       一般財団法人 消費科学センター
              代表理事 大木 美智子
 2面  ・どう思っているの? 暮らしの中の化学物質
     私たちは約7万種類あるといわれる化学物質に囲まれ、快適に便利に暮らしています。 
     その中には有毒なものもあるようで、環境汚染や様々な病気の原因になっています。
     まずは、家庭の中のどんなところに化学物質があるか考察してみましょう。
 3面  ・化学物質過敏症ってなんだろう!
     化学物質過敏症とは、非常に微量の薬物や化学物質の曝露によって健康被害が引き起こ
     される疾病のことですが、それを詳しく解説します。
 4面  ・どうなる? これからの食品表示ルール
     (その54)食品表示はどのように変わっていくのか?(2)
      一般社団法人 日本農林規格協会 会長 池戸 重信 氏
     (5)食品表示法の目的と表示事項の役割
     (6)新食品表示制度における残された課題への対応状況 (続く)
   ・「北海道ゆうべつ産」の牛肉をみんなに届けたい
        〜北海道湧別町肉牛生産者の取り組み〜
           (独)農畜産業振興機構(alic)から
     ●湧別町産として届けたい 
     ●alicが生産面を支援

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728