広報紙「消費の道しるべ」平成30年11月号 651 発行|広報紙「消費の道しるべ」より|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

広報紙「消費の道しるべ」より

2018/11/15

広報紙「消費の道しるべ」平成30年11月号 651 発行
広報紙「消費の道しるべ」平成30年11月号 651

広報紙「消費の道しるべ」平成30年11月号651の内容です。
 1面〜3面 10月17日に開催された公開シンポジウム報告
         あなたがイメージする優しい社会とは
          ―秋のシンポジウムに参加して―
    人が人としての本来の優しさを取り戻し、誰もがねがう「優しい社会」を実現するために、
    AI(人工頭脳)で得られた効果をBI(ベーシックインカム)に利用できないか。
    今回のシンポジウムで行われた討論を聴かれた皆様のうち7名の方から感想を頂きました。
 2面  ・「第46回全国醤油品評会」
       入賞者発表・表彰!
 4面  ・どうなる? これからの食品表示ルール
     (その64)食品表示制度の今後のあり方(1)
       一般社団法人 日本農林規格協会 会長 池戸 重信 氏
       1.今後の食品表示のあり方
       2.消費者委員会食品表示部会における今後の課題の検討
       3.食品表示一元化検討会等における検討経緯
         (次号に続く)
     ・「ばれいしょでん粉」について
        独立行政法人 農畜産業振興機構(alic)から
       ○でん粉の種類
       ○ばれいしょでん粉の特徴
       ○ばれいしょでん粉の用途
       ○安心の国内産でん粉の製造を支えるために

 
一覧へ戻る
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728