消費者大学講座|一般財団法人消費科学センターは消費者教育を目的とした消費者による消費者のための消費者団体です。

情報配信

消費者大学講座

2011/09/16

第175期 『国際化の中の日本の位置〜環境・エネルギー』学習会「地球温暖化問題とエネルギー」第13回
今回の消費者大学講座は松井 孝典氏をお招きしてお話を伺います。
「地球温暖化問題とエネルギー」をテーマに震災後の原発事故による電力不足で国をあげての節電となり、企業をはじめ私達の生活にもエネルギー不足が大きく影響しました。
注目されている再生可能エネルギー等温暖化を防ぐ方向性について考えていきたいと思います。
是非、お友達もお誘いの上ご参加下さい。
詳細はこちら
このページの先頭へ

2011/09/16

第175期 『国際化の中の日本の位置〜環境・エネルギー』学習会「諸外国におけるリサイクル資源の活用」第12回
今回の消費者大学講座は寺園 淳氏をお招きしてお話を伺います。
「諸外国におけるリサイクル資源の活用」をテーマで、諸外国のリサイクル資源の現状から見えてくるものは何か、日本の立場からの観点で考えてみたいと思います。
是非、お友達もお誘いの上ご参加下さい。
詳細はこちら
このページの先頭へ

2011/09/14

第175期 『国際化の中の日本の位置〜環境・エネルギー』学習会「技術革新の現状とリサイクル」第11回
今回の消費者大学講座は藤田 豊久氏をお招きして「技術革新の現状とリサイクル」をテーマで、日本の工業技術は世界的に見ても高水準であり日進月歩の成長を続けていると思いますが、その現状やそれらがリサイクルにどう関わっていくのか「国際化の中の日本の位置」という観点に沿ってお話していただきます。
是非、お友達もお誘いの上ご参加下さい!
詳細はこちら
このページの先頭へ

2011/09/05

【特別講演会】「これからのエネルギーを考える」
3月11日に東日本を襲った地震と大津波から約半年を迎えようとしております。
東北地方を含め、日本全土にエネルギー問題、放射性物質汚染問題といまだ深刻な問題を抱えている状況です。
福島第一原発の事故によるエネルギーの枯渇は、単に照明の減少や便利さの減少に止まらず、日本経済の将来性に大きな不安を投げかけています。
消費者・生活者自身がエネルギーについて、まじめに考える時がきたと考えます。
皆様奮ってご参加ください。
詳細はこちら
このページの先頭へ
情報配信
  • 消費科学センターの主張
  • 消費者大学講座
  • 勉強会について
  • 見学会について
  • 活動のご報告
  • 調査・研究
  • 広報紙「消費の道しるべ」より
  • お役立ち通信
  • ご意見募集
消費科学センターは、皆さまからのご意見・情報をお待ちしております。
各種お問い合わせお申し込みはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00〜17:00 TEL 03-3461-8728